ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
米フォード、英高級車部門売却?
米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、業績不振が続く米自動車大手フォードが、傘下の英ジャガーとランド・ローバーの売却に向けた調整を続けていると報じた。ウォール街(金融街)では売却総額が80億ドル(9680億円)と見積もっており、英メディアによれば、フォードはすでに英国の政治家らに売却計画を伝えているという。

 フォードはゴールドマン・サックスなど米投資銀行と契約して、ジャガーなど2ブランドの売却の検討に着手。フォードのスポークスマンは、ダウ・ジョーンズ(DJ)に対して「最良の道を決めるべくアドバイザーと取り組んでいる」と売却検討を認めた。

 フォードが昨年業績悪化に陥って以来、ジャガーなど不振ブランドの売却の可能性が何度か取りざたされてきたが、首脳陣は認めていなかった。 しかし、北米での大規模なリストラに着手、事業の集約を図るためには、販売減から回復できない高級車部門の選別は不可欠と判断したとみられる。

 フォードは1989年にジャガーを、2000年にランド・ローバーを買収した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000089-reu-bus_all

米自動車大手フォード・モーターは、英高級車部門のジャガーとランドローバーの売却などを含む選択肢を模索するため、複数の投資銀行をアドバイザーに起用した。関係筋が11日明らかにした。関係筋によると、起用された投資銀行は、米ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレー、英HSBCホールディングス <0005> など。
 フォードおよび投資銀行3行はいずれも、この件についてコメントを拒否した。
 11日付のロンドン紙シティAMは、ランドローバーやジャガーの売却先候補として、プライベートエクイティのアルケミー・パートナーズや仏自動車メーカー、ルノーなどを挙げている。アルケミーは30億ポンド(59億ドル)で、フォードの英高級車部門取得を検討しているという。ただ、アルケミーの広報担当者は、協議などは一切行っておらず、関心があるに過ぎないとしている。
 ルノーもこの報道を否定した。(ロイターより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000896-reu-bus_all


車なんて、田舎に住んでいるのでただの交通手段。
走りゃあいい〜〜主義なので、外車も高級車も関係ないが、
あっちもこっちもみ〜んな、大変そう〜なのはわかる。
きびしい・・・ね。
| | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0)
新車販売 国内で不振 売れなくなったのはなぜ?
新車が売れない。戦後最長の景気拡大が続いているというのに、国内の新車販売台数は年々減る一方だ。「マイカー」が庶民のあこがれだった高度経済成長期と比べると、車の種類も豊富になり、ナビゲーション機能も付いて格段と使いやすくなった。なのに、売れなくなったのはなぜ? 

 ■支出はデジタル家電に■
 業界の危機感の高まりを反映し、日本自動車工業会が初めて「新車が売れない理由」をリポートにまとめた。乗用車を新車で買って、5年以内に買い替える傾向が減少した。保有期間の長期化と、最初から車を持たない非保有者の増加により、新車が売れにくくなったのだという。
 リポートによると、公共交通網が発達した大都市への人口集中と単身世帯の増加で、車を持つ必要性が低下。さらに年収が300万円未満の貧困層が拡大したことがある。だが何より、若い世代の興味や行動の変化が大きいようだ。
 ここ数年、20〜30歳代を中心に、将来の収入や家計負担に対する不安がより高まった。子どもの教育投資、住宅ローン、税金、金利、医療費などの負担が重くのしかかり、年金制度への不信も強い。消費は、自動車ほど価格が高くなく維持費もかからないデジタル家電を優先させる傾向が強まっているという。車に魅力を感じず、関心の対象は薄型テレビやデジタルカメラなどの新しい製品に流れているようだ。
毎月の出費も、携帯電話やインターネット接続料などがかさみ、車が敬遠される要因になっているという。
 ■魅力アップ■
 だがメーカーが手をこまぬいているわけではない。新たなターゲットとして力を入れているのが、成長の潜在性がある女性。車の電子化を進めて使いやすさを向上させた。バックや縦列駐車でのハンドル操作を自動化したり、レーダーで後続車や前方の歩行者をとらえ、衝突の危険を感知するシステムを、トヨタが主力車で導入した。日産などもITを活用した安全対策を進めている。
 最大の課題は、いかに消費者に「魅力的」と感じてもらえる車を出せるかだ。今、どこまで大胆な商品企画を打ち出し消費者を引きつけられるかにかかっているようだ。


今、若い人が車に凝らなくなったらしい。特に、家庭のある人は車の維持費が大変らしい。田舎に住んでいれば、交通の便が悪いので絶対必要なのだが、都会に住んでれば、そう必要でなく、他にお金を回さなければならないご時勢になったってことだろうか・・


| | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0)
<
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS