ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
地球型生物が住める可能性がある太陽系外の惑星?
地球型生物が住める可能性がある太陽系外の惑星を、ヨーロッパ南天天文台(チリ)の研究チームが世界で初めて発見した。
AFP通信などによると、地球型生物が住める可能性がある太陽系外の惑星は、地球からてんびん座方向に約20光年離れた「グリーゼ581」という恒星を、13日の公転周期で回っている。半径は地球の約1・5倍、重さは約5倍。地球と同様、岩石でできている可能性が高いという。
研究チームは、惑星が恒星の前を横切る際に起きる、わずかな光のちらつきを観測して、存在を突き止めた。恒星と惑星の距離は、地球と太陽間の14分の1程度だが、恒星の大きさが太陽よりも小さく、光も微弱な「赤色わい星」のため、惑星の表面温度は、液体の水が存在できるセ氏0〜40度にとどまるという。ただ、大気の有無や組成などは不明だ。 (読売新聞より)

私は、Xファイルが大好きだった。地球以外に地球以上の高度な知能を持つ生物がいたって不思議じゃあない。だから、地球型生物が住める可能性がある太陽系外の惑星が発見できても、やっと〜って感じはするのだが、詳しいことはまだわからないので、逞しい想像力のなせる業かもしれない。しかし、そういう物語やドラマ、映画は沢山あるので違和感はないと思うが、なんだかワクワクする話だ。
| 宇宙 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0)
<
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS