ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
世界のトップモデル、山口小夜子死去
パリコレクションなど世界のトップモデルとして活躍した山口小夜子(やまぐちさよこ)さんが14日午後6時ごろ、急性肺炎のため死去した。自宅は非公表。故人の遺志により、葬儀・告別式は親族のみで行った。後日「お別れの会」を行う予定だが、詳細は未定。
 横浜市生まれ。杉野ドレスメーカー女学院卒。昭和47年、パリコレクションのショーでデビュー。高田賢三や山本寛斎のショーなどで活躍し、黒髪に切れ長の目というエキゾチックな容姿で、欧州に旋風を巻き起こした。52年には米ニューズウィーク誌の「世界のトップモデル6人」に選ばれ、英メーカーが「SAYOKOマネキン」を製作販売し話題となった。
 また女優として映画や演劇にも活動の場を広げていった。近年は「ウェアリスト」を自称し、ファッションとダンスパフォーマンスを融合するなど自由な表現を追求していた。(8/20 産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070820-00000922-san-ent


山口小夜子さんって素敵だった。
大和なでしこのまんまで、世界のトップモデル。
日本女性として魅力的に活躍してて、日本を誇らしく思えたものだ。
資生堂のCMでも印象が強く残っている。
いつまでたっても、お人形さんみたいなキレイな人だよね。
人間臭さを感じられなかったけど、
人間らしい何かに触れられたらきっと、もっと好きになりそうな人だと思う。
憧れの人なんだけど、ますます手の届かない遠い人になってしまった・・・
| 訃報 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(1)
ZARDの坂井泉水さんが死去
人気歌手、ZARD(ザード)の坂井泉水(さかい・いずみ、本名・蒲池幸子=かまち・さちこ)=さん(40)が27日、入院していた東京都新宿区の慶応大病院で脳挫傷のため死去した。
坂井泉水さんは病院のスロープから転落したとされている。
ZARDの坂井泉水さんは神奈川県出身で、東京都町田市在住。
レースクイーンを経て、91年にZARDのボーカルとして「Good―byeMyLoneliness」でデビュー。
93年の「負けないで」が大ヒットし、94年のセンバツ入場行進曲にも選ばれた。
97年のベストアルバム「ZARD BLEND」は累計250万枚を記録。
00年の「Get U’re Dream」はNHKシドニー五輪テーマ曲になった。

ZARDの坂井泉水さんは99年には高額納税者の長者番付の「歌手」部門で5位にランクイン。
ZARDの坂井泉水さん「揺れる想い」「君がいない」「Don’t you see」などミリオンセラーを連発していた。

ZARDの坂井泉水さんは昨年6月に子宮けいがんのため摘出手術を受け、入退院を繰り返したが、肺への転移が見つかったため、今年4月に同病院に入院。
抗がん治療はうまくいっていたという。
秋にZARDはアルバムの発売を予定し、3年ぶりのライブツアーも計画中で、ZARDの坂井泉水さんは病室でスタッフと打ち合わせをしたり、詞を書きためるなど再起を目指していた。
26日午前5時40分ごろ、同病院の外に取り付けられたらせん状スロープ下のコンクリート地面に、ZARDの坂井泉水さんが倒れているのを通行人が見つけた。
坂井泉水さんは靴をはいており、ジーンズにTシャツ姿で、27日に死亡が確認された。
日課にしている散歩から病室に戻る途中で、前日の雨でぬれていたため坂井泉水さんは足を滑らせ約3メートル転落し、後頭部を強打したらしい。(毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000024-mai-soci


ZARDの坂井泉水さんが亡くなったなんて、ショック!!!
ZARDの曲、好きだったのになあ〜〜。
私はやっぱ、”負けないで”が一番すきなんだけどなあ。
だって、元気になれる曲だから。
ZARDの坂井泉水さんがガンと戦っていたなんて知らなかった。
坂井泉水さんが書いた曲のように、負けないで!って自分で言いながら頑張っていたんだろうな〜って思う。
大きな山を越えて、また音楽活動に頑張って欲しかった。
まだまだ、元気になる曲を歌って欲しかった。
なんだか、とっても寂しい・・・
ご冥福を心からお祈りいたします。


| 訃報 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0)
岸部四郎の14歳年下の妻が突然死
タレント、岸部四郎(57)の妻、小緒理(さおり)さんが4月6日に心不全で亡くなっていたことが
22日、分かった。岸辺四郎さんより14歳も年下の43歳の若さだった。
関係者によると、横浜市内の自宅で突然倒れ、搬送先の病院で死亡が確認、心臓発作による突然死だった。

平成6年に結婚して以来、小緒理さんは妻として、マネジャーとして、公私にわたって岸部を支えてきた。
それだけに岸部四郎のショックは計り知れず、しゃべることもできない状態という。

岸部四郎は倒れた小織理さんを発見する1時間前に、ベッドから足を踏み外し体を強打。
痛みをこらえて1階に降りた際、小織理さんと言葉を交わしていた。
その時はいつもと変わらぬ笑顔で「横になって様子を見たら」とアドバイスを受け、寝室で仮眠を取っていた。
それが小織理さんの最後の言葉だった。
岸部四郎が10年に自己破産し窮地に立たされた時にも、励ましながら仕事を探し、支え続けた糟糠の妻だった。
(サンケイスポーツより)

14歳年下の妻が、まさか突然逝ってしまうなんて思いもよらないことだと思う。
世の亭主方はなんの根拠もなく、自分が妻より先に逝くと信じてこんでいる。
それはただの理想に過ぎないのだが、妻に手厚く介護され、妻より先に自分は逝くに違いないと。

最近は身近に夫が妻を介護する話も多くなってきたので、この想いは崩れつつはあるが、
それでも、14歳も年下ならやはり自分が先に逝くというのを疑ったりはしないだろう。
しかも、それまで元気な妻ならなおさらだと思う。

岸辺四郎が自己破産の時はテレビでも多くとりあげられ、
大変そう〜〜〜は、傍目にもしゅうぶんみてとれた。
その時支えとなった人ならばなおさら、濃い信頼関係を築いてる夫婦だと思われる。
岸部四郎さんのショックは、相当なものなのではないだろうか。。。
奥様のご冥福を祈りたい。
| 訃報 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(1)
訃報 塩沢ときさん
大きなサングラスと、一風変わったでっかい目立つ髪形、
しゃべり方も特徴のあった個性的な塩沢ときさんが、亡くなったそうだ。

塩沢ときさんは、79歳。
スキルス性胃がんだったそうだ。

塩沢ときさんは、30歳で舌ガン、56歳で右乳がん、76歳で左乳がんと、
3度に渡ってガンを患っていたらしい。

テレビの出てくる塩沢ときさんには、いつもびっくりで、
ど〜なってんの?あの頭って感じだったな・・・

しゃべり方は、ざあ〜ますおくさん、
言ってる事は、気持ちよくはっきり、しっかりおばさん。
あのキャラ、好きだったんだけどな〜。

ガンを患っていながらの発言も元気だったよ〜な。
なんだか、とっても寂しい〜なぁ〜。
| 訃報 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0)
<
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS