ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
黒田知永子さん、離婚
「カリスマ主婦モデル」の黒田知永子(45)が離婚していたことが31日、分かった。
黒田知永子さんは「5月末に16年間の結婚生活に終止符を打つことになりました」とコメント。
今週初めに離婚届を提出したという。
黒田知永子さんの私生活では2世帯住宅で夫の両親と生活。
順風満帆な家庭を築いていたかのように見られたが、2歳年上の会社員男性の夫とは昨年から別居状態。黒田知永子さんはが長女を連れて家を出た。
当時の黒田知永子さんのインタビューで「主人はけっこう忙しいので、あんまり家事には協力的ではないです」などと話しており、夫や夫方の家族とのすれ違いが黒田知永子さんの離婚の原因とみられている。
黒田知永子さんは「夫婦の数だけそれぞれに形があり、それぞれにトラブルがあり、そしてそれぞれの選ぶ道があると思っています。そして選んだのがこの道です」とコメントしている。

◆黒田 知永子(くろだ・ちえこ)本名樫本知永子。1961年(昭36)6月3日、東京都生まれの45歳。成城学園大学短期大学部在学中にモデルデビュー。1メートル65、B79、W60、H85。03年、ベストジーニスト賞受賞。趣味は美術観賞、テニス。血液型AB。 (スポーツニッポンより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000018-spn-ent


女性が結婚して家庭に入り専業主婦をやっていたのが、子育てが一段落して仕事を始める。
その仕事が主婦業の副業のままでなく、大事なメインの仕事になって成功などすると、なぜか大概離婚になる。
それは考えるに、いままで主婦業専門できちんと出来ていたことが、成功することによっておろそかになり、旦那がそれに不満を持つからなんだと思う。
これが結婚当初から共稼ぎであれば、家庭内のことも共同作業であることは大前提でお互い”やれることをやる”って言う考え方が出来るのだが、いままで家庭内のことはすべてまかせていたのに、途中で変更となると旦那にかなりの理解がないと難しいのではないだろうか?
それに加えて収入面でも、旦那の収入を越えるようになれば、主婦側も家庭に縛られないで仕事がしたいと思うようになり、収入があればそれも可能となるわけだ。
そういう点で、女性(主婦)の仕事っていうのは、問題が多いと考える。

だから、素敵な黒田知永子さんだから、これからも輝いて頑張ってほしいと願う。
そもそも、カリスマ主婦で、家庭も子育ても仕事もパーフェクトなんてことは、ありえないのだ!!
世の殿方は、三食昼寝付きの楽な暮らしが専業主婦だと思っているが、
家事や育児、家庭を守っていくのは、そんじゃそこらの仕事よりずっと大変なのだ。
そこのところが、全くわかってない殿方が多すぎると深く思う。
| 黒田知永子 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0)
<
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS