ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
コムスン事業譲渡の凍結表明
グッドウィル・グループ(GWG)が、子会社「コムスン」(東京都港区)の介護事業をグループ内の別会社に事業譲渡しようとした問題で、GWGの折口雅博会長は8日記者会見し、コムスンの事業譲渡をいったん凍結させることを表明した。

 都道府県から不正を指摘されそうになると、先に自主廃業する「処分逃れ」を組織的に繰り返していたことを認め、コムスンの樋口公一社長を引責辞任させるとしたが、自らは会長職にとどまるとし、介護事業も続ける意向を示した。

 昨年12月にコムスンによる介護報酬の不正請求の疑いが浮上して以降、折口会長が記者会見したのは初めて。

 折口会長は、処分逃れについて、コムスンの樋口社長から「1か所でも指定取り消しを受ければ、連座制を適用されて、全拠点の更新ができなくなると言われたから」と説明。コムスンの子会社だった「日本シルバーサービス」(NSS)の株式を先月末にグループ内の別会社に譲渡したのは、「厚生労働省による処分を想定し、介護事業の受け皿にするためだった」と認めた。(読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070608-00000011-yom-soci


なんだかな〜〜・・・逃げてばっかだったのね。
都合が悪くなるとすぐ逃げ腰になってしまうような人に、介護事業は向かないと思う。
それでも、介護事業にこだわるのは、やっぱその業界にうまみを見つけているのだろう。
利用者の立場なんて考えない人のように感じられるのは、私だけかな?
なんとなく折口会長に、介護事業などにかかわっておらいたくないなあ〜!って思う。

| 介護問題 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0)
コムスン、譲渡について
グッドウィル・グループ(GWG)が訪問介護大手「コムスン」(東京都港区)の全事業をグットウィル・グループの連結子会社に譲渡すると発表したのを受け、厚生労働省は近く、改めてコムスンの樋口公一社長を呼び、詳しい事情を聞くことを決めた。

 厚労省はコムスンに対し、7月末を期限に、利用者へのサービス確保策などをまとめて報告するよう求めているが、それに先だち、コムスンの方針をただす。

 GWGは、厚労省がコムスンの介護事業所の新規指定などを認めない決定を出した6日夜、グループ会社への事業譲渡をホームページ上で発表。同社広報IR部は「厚労省と相談のうえ、決定した」と説明した。

 これについて、厚労省には7日朝以降、コムスンの「そんなことは許されない」という批判の電話が相次いでいる。このため、阿曽沼慎司老健局長は「系列内の会社への譲渡以外にも選択肢はあるはず」と指摘。コムスンがまったく無関係の会社に譲渡する方法のほかにも地域別やサービス別に事業を分割して移管する手法もあるとして、今後、同社の話を聞いたうえで、利用者サービスが確保できるよう指導していく考えだ。 (読売新聞より)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000006-yom-soci&kz=soci

厚生労働省は7日、グッドウィルグループ(GWG)が、傘下の訪問看護最大手コムスンへの行政処分への対抗措置として全事業をグループ会社の日本シルバーサービスに譲渡して事業の存続を図ろうとしていることに対し、同一グループ会社への事業譲渡は利用者や国民の納得を得ることができないとして、コムスンの事業譲渡の計画を凍結すべきだとの見解を発表した。
 同省は、2008年3月末まではコムスンが責任を持って現行利用者へのサービスを提供し、それ以降の受け皿づくりについては、同省とコムスンとの間で調整していく方針という。(時事通信より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000192-jij-pol



コムスンについて、今日のいろいろテレビで話題になった。
コムスンについていろいろな噂がながれているが、コムスンを利用していないのでよくはわからないが、国があそこまで強行な態度であることにコムスンの会社の見えない実態が想像できる。普通に考えて、福祉事業で大儲けして会社が大きくなるはずはないのだ。
やはり、福祉事業に儲けが優先の民間事業が参入できることがもともと間違いだったのではないだろうか?
これを機会に、福祉の見直しを国にしてもらいたいものだと感じる。誰もみな老いていくのだから、そして老人はこれから増えていく一方なのだから、本気で考えていって欲しい。
| 介護問題 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
コムスン不正請求問題
訪問介護最大手のグッドウィル・グループ(GWG)のコムスン(東京都港区)が介護報酬を不正請求していた問題で、厚生労働省は6日、2008年4月から11年12月までの間、同社からの事業所の新規指定や、現在ある事業所の指定更新を受け付けないことを決めた。同社は全国で介護サービス事業所を2081カ所展開しているが、指定が受けられないことで、事業の大幅縮小を余儀なくされることになる。
 昨年4月に施行した改正介護保険法に基づく措置で、介護サービス事業者に対するこうした処分は初めて。新規指定や指定更新を行っている各都道府県に同日通知した。

(時事通信より)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000056-jij-pol

訪問介護の最大手の「コムスン」が、介護保険事業から撤退する公算が大きくなった。厚生労働省は6日、コムスンに介護施設の新規開設や更新を今後認めないことを決定。勤務実態の虚偽申請が、2万4000人に及ぶ従業員を抱える業界トップの「崩壊」につながった。介護関係者や全国利用者に衝撃と不安が広がった。
介護保険法が施行され、社会福祉協議会が行ってきたヘルパーの仕事の民間化が一気に進められた。コムスンは、地元の人を採用し、急成長してきた経緯がある。「介護保険法に基づき、利益を追求できる枠は一定なのに、収益を無理に増やそうと、介護員の水増し請求を続けてきたのでは?と推測できる。
 「コムスンが行った不正は絶対に許されないが、このままコムスンが介護事業から撤退することになれば、介護の現場に与える影響が大きすぎる」と心配する。「最も被害を受けるのは介護を受ける利用者。慣れたヘルパーの介護を受けられなくなる不安は大きい。コムスンが抱えるケアマネージャーやヘルパーなども失業してしまう」
 「(コムスンの対応は)悪質だったのである程度は予想できた結果だ」そのうえで、「コムスン以外の事業所が充実している地域でなく、コムスンに頼ってきた地方への影響は計り知れない。地方を中心に新たな『介護難民』が発生する可能性がある」と指摘した。
(毎日新聞より)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000047-mai-pol


今日のニュースで大きくとりあげていた問題だ。
コムスンの不正請求の問題より大問題なのは、今現在、介護でコムスンを利用している人達で、
コムスンは介護事業では大手なので、利用者も多く、不安も大きい。
そういう人達には明日から切実な問題で、テレビで聞く利用者の声に大変さがわかる。

訪問介護大手「コムスン」(東京都港区)が、厚生労働省から介護事業所の新規指定などが認められなくなった問題で、親会社のグッドウィル・グループ(GWG)は6日、コムスンの全事業を、同グループ連結子会社の施設介護会社、日本シルバーサービス(東京都目黒区)に譲渡する方針を決めたと発表した。

 理由についてGWGは、「顧客へのサービス継続と従業員の雇用の確保を最優先するため」としている。

 厚生省の指導で、介護事業所の新規指定と更新が5年間認められなくなり、コムスンの事業所は現在の2081事業所から2011年度には426事業所にまで減少する見通しとなった。GWGは、日本シルバーサービスに事業譲渡することで、コムスンの行っていた訪問介護事業はすべて継続できるようになるとしている。
(読売新聞より))http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000013-yom-bus_all


コムスン利用の人達、ど〜するんだろ??困るよな〜・・と考えていたなら、
新しいニュースが届いた。
とりあえずこれで、毎日介護している人達の明日がなんとかなるんだろか??
| 介護問題 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0)
<
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS