ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
長官・次官、歴代8人返納拒否 年金記録紛失問題
政府高官は9日、厚生労働省が歴代の事務次官と社会保険庁長官に、年金記録紛失問題の責任を取り在職時のボーナス相当額を寄付の形で返納するよう求めているのに対し、27人の該当者のうち8人が拒否していることを明らかにした。

 歴代の次官14人中6人、長官13人中2人が「家庭の事情」などを理由に応じていないという。厚労省は次官経験者に310万円、長官経験者に270万円の寄付を求めているが、政府高官は「自分たちが問題を先送りしてきたのに責任を感じていないのか。渡り鳥のように天下りを繰り返し退職金を3億円もらっている人もいるではないか」と批判した。(産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000012-san-pol


返納をしぶっているのは、誰だ???
なんとなく、名前が知りたいよね〜〜。
ただ、返納金額がきっちり決まっているのが気になるけどね〜〜。
名前と金額と公表したなら、見栄張って大金寄付もあったかも??
しぶっている人も、考えるだろうにね・・・

しかし、しぶって出してない奴は誰??
こんなふうに書かかれると、出してる人も疑われて迷惑だよね・・
なんて、考えてしまう。
| 年金 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0)
年金制度「信頼していない」が76%
読売新聞社が16、17の両日実施した全国世論調査(面接方式)で、国の年金制度を信頼していない人が「どちらかといえば」を合わせて76%に上った。

 同じ質問をした97年12月以降の8回の調査で最も高く、「年金記録漏れ問題」により国民の年金不信が極めて強まっていることが明らかになった。「信頼している」も過去最低の計23%だった。

 年金制度への「不信感」は、97年以降、5割台で推移してきた。閣僚らの年金未納・未加入問題が広がり、年金改革関連法をめぐって小泉内閣への批判が起きた2004年には7割台に達し、前回参院選で与党が苦戦した要因となった。

 年代別では、「信頼していない」はすべての年代で多数となり、20〜30歳代は計87%に上るなど、特に若い世代の不信感が目立った。(読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070618-00000012-yom-pol


我が家の息子達が、ぼちぼち年金を払う年になる。
が、たぶん、息子達は年金など払わないだろう。
まあ、当然のことのような気がしてきた。
親として、年金を払いなさいなんて言えなくなって来た。
息子たちの年金どころか、自分の年金だって払いたくなくなってきたのだから。
これからの老後の生活については、自分で改めて考えてみるべきだと深く思う。

| 年金 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(1)
<
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS