ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
華原朋美を解雇
音楽プロデューサー、小室哲哉氏(48)との破局以来、3度も休業するなど精神不安定が続き、このところの華原朋美の奇行は度を超していた。
 事務所関係者によると、華原朋美さんは今月19日に行われた番組収録のリハーサルを無断で欠席し、21日にはラジオ生番組のゲスト出演をドタキャン。前後して深夜に繁華街を連日、徘徊(はいかい)するようになり、19日に港区路上で酩酊(めいてい)状態のまま倒れていたところを警視庁麻布署に保護されるなど、華原朋美は今月だけで3度も警察の厄介になった。
  華原朋美さんは1995年デビュー。公私ともにコンビの小室氏とミリオンヒットを連発したが、破局した99年1月に自宅でガス中毒騒ぎを起こし最初の休業。それ以来、事務所の目を盗んで睡眠薬、精神安定剤、鎮痛剤、風邪薬などを大量に摂取するようになり、華原朋美は奇行と休業を繰り返していた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/59889/

仕事のドタキャンが続いて音信不通状態になり、所属事務所、プロダクション尾木から解雇通告を受けた歌手、華原朋美(32)の所在がつかめたことが6月30日、分かった。同事務所関係者によると、同月29日深夜にスタッフが都内の華原の自宅マンションを訪れた際、華原朋美本人が出てきた。
 これまで華原朋美と連絡が取れずにいた事務所は、契約解除を通告する内容証明郵便を自宅に送付していたが、この時、直接スタッフが華原朋美に契約解除の書類を手渡してきたという。華原朋美の精神状態が不安定だったこともあり、スタッフは話し合いをすることなく、そのまま自宅をあとにした。
 その数時間後、事務所社長の留守番電話に、華原朋美からの「ごめんなさい。ご迷惑をかけました。クビにしないでください」というコメントが吹き込まれていたという。
 ただ、所属事務所では「華原が睡眠薬や精神安定剤を大量に服用する薬物依存体質がなくならない限り、再契約はぜったいにない」との方針で、「何年かかるか分からないが、しっかりと病気を治すことが先決。本人の人生のためにも大切だ」としている。(サンケイスポーツより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070701-00000003-sanspo-ent


笑顔が可愛い華原朋美を、私は大好きなのだが、
やっぱり、小室哲也のことが原因なんだろうか??
本当に好きだったのかな??
失恋って一言で言ってしまうけど、気持ちのダメージって本人にしかわからなくて、
特に若い頃の本気の恋から立ち直るのは中々難しいと思う。
だから、頑張ってほしいなあ〜!と思うんだけどね・・
| 華原朋美 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(2)
<
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS