ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
バイオエタノールに稲わら
農林水産省は、食料生産と競合しない形でのバイオエタノール増産を目指し、稲わらを原料に使った実証試験に着手する。08年度予算の概算要求に30億円程度を盛り込む。稲わらなど草本系セルロース(繊維質)でのバイオエタノール製造としては「世界に先駆けた試み」(環境バイオマス政策課)と位置づけている。
 実用化されているバイオエタノール生産は、原料のほとんどがトウモロコシ、サトウキビなど植物の食べられる部分。米国やブラジルのエタノール増産で食料供給に悪影響が出始めたことから、草本系、木質系のセルロースなど食用でない原料を使う技術が注目されている。
 セルロースからエタノールを作るにはいったん糖に分解しなければならないため、トウモロコシなどに比べ技術的に難しいとされる。各国で開発競争が起きており、国内ではホンダなどが微生物を使って稲わらを効率的にエタノールに変える技術を開発した。
 同省の実証実験は、こうした実験レベルの成果を一歩進め、実用化に近づける。公募などで全国数カ所をモデル地域に設定し、稲わらの収集からエタノール生産、自動車での利用まで一貫した技術の確立を目指す。製造コストも検証する。稲わらは飼料などとして3割程度しか利用されていないことから、エタノール原料として有効活用を図る。
 2030年までに年600万キロリットルの国産バイオ燃料を生産するとした同省の目標に対しては、食料生産への影響を懸念する声もある。食料に頼らない技術を実証することで懸念を払拭(ふっしょく)し、日本型の増産構想をアピールしたい考えだ。同省が主導した政府の「工程表」では、大半を稲わら、木材など新しい原料でまかなうとしている(8/9 毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070809-00000004-mai-bus_all


バイオエタノール燃料のおかげで?ジュースもパンもマヨネーズも値上がりした。
これからの地球も大事だけど、明日の食料だって大事!
食品のほとんどのものを輸入に頼ってる日本では、
困ったものだ・・・と思っていた。
バイオエタノールの原料が、なんで?食料に関係あるんだって思ってた。
食料に関係ないもので、バイオエタノールが作れるのなら
それはとってもよいことだと思うので、
稲わらでのバイオエタノール、ぜひ頑張ってもらいたい!
| エコ | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0)
アニヤ・ハインドマーチ 北京・上海で販売中止
世界各地で大人気を博している「アニヤ・ハインドマーチ」ブランドのエコバッグが27日に北京と上海で発売される予定だったが、同社は「安全のため発売を取りやめる」と発表した。25日付で東方早報が伝えた。

 「アニヤ・ハインドマーチ」のエコバッグは「I’m Not A Plastic Bag=私はビニール袋ではありません」のキャッチフレーズで有名。

 台湾では先日アニヤ・ハインドマーチは限定70個が販売されたが、徹夜で並ぶファンが現れ、販売開始後はバッグを客が奪い合う騒ぎになった。また香港ではアニヤ・ハインドマーチ販売当日に約2000人が行列を作り、警官が客を誘導した。(7/25 サーチナ・中国情報局より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070725-00000003-scn-cn


先日、東京銀座でも大変な騒動があったアニヤ・ハインドマーチ。
世界中で大人気で、各地で奪い合いになっているんだね・・・
そこまで人気があるとなると、かなり欲しくなる女心かしら〜、
私もだんだん欲しくなって来た。
友達と同じものを持っていると、普通は嫌なものなのに、
人気の商品なら友達と同じものを持っていたいのは、なんでだろ??
アニヤ・ハインドマーチはエコバックだから、み〜んな一緒でも問題ないのかな?
いや、限定品だから惹かれるのか・・・・
どっちにしても、すごいねぇ〜〜〜。
| エコ | 23:25 | comments(0) | trackbacks(4)
「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグ騒動
英国の人気ブランド「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグの限定販売が始まった14日、東京・銀座の直営店に客が殺到し、店側と客の小競り合いになるなど混乱した。いったん中止した販売を再開するなど店側の対応が混乱に輪をかけ、警官が出動する騒ぎになった。

 「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグはコットン素材で価格は2100円(税込み)。レジ袋削減をうたって英国の女性デザイナーがデザインし、人気モデルや映画女優ら“セレブ”が持つバッグとして世界的に人気が沸騰。今春のロンドンでの「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグ先行販売では1時間で2万個が完売、ネットオークションで定価の10倍以上の値が「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグにつくなど話題を呼んだ。

 この日は銀座店など都内3カ所で午前11時に「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグ限定販売を開始。銀座店前には前日深夜から行列ができ、「通りに人があふれている」との通報で築地署が警察官約20人を出動させた。

 親会社のレナウン(東京都品川区)によると、店側は午前7時半に1人2個まで買える整理券650枚を配り、「整理券がない人は購入できません」とアナウンスした。だが、客から「列の横入りがあった」「赤ちゃんにも整理券を配った」などと不満の声が続出し、11時前になっても4000〜5000人が集まったままだった。

 店側がホームページなどで午前8時から「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグ販売用の整理券を配布すると告知していたこともあり、整理券をもらえなかった人が不満をぶつけ、警察官が店側との小競り合いを収める場面もみられた。

 店側は午前11時ごろ、混乱を収めるため販売をいったん中止し、整理券を持つ客に後日販売すると発表。これで一部の人は帰ったが、“徹夜組”の客はおさまらずに抗議。このため店側は一転し、午後2時ごろ、販売を再開した。

 レナウンの伊東甲二広報担当部長は「外国の状況などをみてもっと対策を考えるべきだった。甘かった」と反省の弁を述べた。(産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070715-00000076-san-soci


「I’m NOT A plastic bag(私は使い捨てのレジ袋じゃない)」と描かれたこのエコバッグ。
スーパーモデルのカリスマ、ケイト・モスやハリウッド女優のキーナ・ナイトレイがいち早く持ったことで話題が沸騰したエコ・バッグ。
世界の有名な美女と同じものを、2100円のお手頃価格で手に出来る。
しかも地球に優しいエコバックというのがいい!
殺到した人達の心理がよ〜くわかる。
(私は「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグなんて全くしらなかったのだが)
それに、「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグってデザイン的にもすごく素敵だし〜。
レジ袋削減に協力出来てない私なんだけど、
「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグみたいなエコバックなら買って使いたいと思う。
そういうエコバック、どんどん紹介して販売して欲しいと思う。
| エコ | 21:13 | comments(0) | trackbacks(13)
じゃがいも・ピ−ナッツ・豆類が、温暖化で食べれない?
野生種って、品種改良に必要で、良質の品種が食卓から消え去る恐れもあるって。
2055年までに、気温上昇で生育環境が狭められ、
ピーナツは野生種の半数以上、ジャガイモと豆類は野生種の約2割がそれぞれ絶滅、
分布や収穫量は半数以下に落ち込む恐れがあるとしている。 (読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000003-yom-soci

我が家の畑のじゃがいもは、花が咲き始めた。
ピーナッツは、今年初めて植えてみた。
豆類は、今が旬。
我が家の夕飯は、スナックえんどう豆にさやえんどう・そら豆が畑から直送で、
調理法を変え、味付けを変え、今の季節を味わっているのに、
そんなのは、困る!!とっても困る。

じゃがいもなんて、これからが新じゃがの季節。
それが味わえなくなるなんて、非常にとっても悲しい・・・
じゃがいもにピーナッツに豆類、食べ物に地球の温暖化が影響となると、
あまりに身近すぎて、温暖化というものに真剣さが増し、切羽つまったものを感じる。
本気で取り組まなくてはならない時がきたぞ!と、食いしん坊の私的は考える。
| エコ | 20:25 | comments(0) | trackbacks(3)
バイオ燃料のせい?キユーピー値上げ
キユーピーは8日、マヨネーズを6月1日出荷分から約10%値上げすると発表した。
食料油の高騰に伴うもので、値上げは90年以来17年ぶり。
売れ筋の500グラムの場合、参考小売価格は現在の335円から368円になる。ヘルシーを売り物にした低カロリータイプも約6%値上げする。(毎日新聞)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/foods/


最近、オレンジジュースやグレープフルーツジュースが値上がりした。
ブラジルなどでオレンジやグレープフルーツなどを栽培していた農家が、
相次いでバイオ・エタノールの原料として注目されている
サトウキビの栽培に切り替えるようになったかららしい。

バイオ燃料の波及でトウモロコシの相場高騰、
畜産の輸入配合飼料も値上がりしている。
乳製品や肉類にも影響が出てくるだろう。。。

地球の温暖化や、自然破壊を食い止めるために開発されたバイオエタノール。
その原材料が食料となる植物だった。
日本はその植物類を輸入に頼ってるのだから、すべての食品が値上がりしてくる。
地球のことも大事だけど、毎日の食費に響いてくるのは辛い・・・
あっちもこっちも問題ありの、住みにくい時代になったもんだと
つくづく感じるこの頃だ・・
 これは、サトウキビがバイオ・エタノールの原料として注目されているためです
| エコ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0)
<食料事情>世界的に不安
世界の食料事情が大きく悪化するのではないかとの懸念が広がっている。
中国などの経済成長や発展途上国の人口増で食料需要がどんどん増えているうえ、環境問題や資源枯渇への懸念を背景に穀物をバイオ燃料に振り向ける動きが強まっているためだ。地球温暖化が食料生産に与える影響も心配で、食料自給率が低い日本は将来に向け安定供給のための戦略を迫られている。

相次ぐ値上げ
 先月、果汁飲料の値上げ発表が相次いだ。
オレンジの産地・米フロリダ州がハリケーン被害に遭ったり、ブラジルでバイオエタノール用サトウキビを生産するためオレンジ畑が次々につぶされたりしているためだ。
 製粉各社は近く小麦粉価格を24年ぶりに引き上げる。昨年の豪州の干ばつなどで小麦の政府売り渡し価格が平均1.3%上がったためで、うどん、パンなども値上がりしそうだ。
 世界の穀物取引の中心、米シカゴ商品取引所では昨年後半からトウモロコシ、小麦、大豆の価格が急騰している。
水産物も、マグロの漁獲制限をはじめとした資源の制約と、中国、欧州など世界的な魚食の拡大で値上がり傾向にある。

成長と人口増が背景
 世界の食料需要を押し上げているとみられるのが経済成長が続く中国だ。所得水準の向上で中国の1人当たり消費量は90〜03年の間にほぼ倍増した。一方、穀物生産は伸び悩み、中国は04年に農産物の純輸入国に転じた。食料の大半はまだ自給を維持しているが、大豆の輸入は世界一また、インドをはじめ発展途上国の人口増も今後、世界の食料需給に影響を及ぼす可能性が高い。
 「世界の食料在庫率は減少しており、(食料危機と言われた)1970年代と似てきた」と、食料価格がさらに上がる可能性があるらしい。

食料か、エネルギーか
 ブッシュ米大統領は1月の一般教書演説で、10年後に米国のガソリン消費量を20%削減し、トウモロコシを原料にしたバイオエタノールなどの代替燃料を年約1300億リットル供給する目標を掲げた。06年のバイオエタノール生産量の7倍で、地球温暖化対策であると同時に「原油の中東依存からの脱却」を目指す安全保障戦略でもある。これを受け、シカゴ商品取引所のトウモロコシ価格は2月に前年のほぼ2倍に達した。
 米国のトウモロコシ輸出は世界の約7割を占めることから、価格高騰のあおりは他国にも及んでいる。トウモロコシを主食とするメキシコでは、抗議デモが起きるなど社会問題に発展。飼料の価格も上がり、日本の畜産農家に影響が出ている。今のところ、肉の価格には転嫁されていないが、飼料の高値が続くと肉も値上がりの可能性が出てくる。

大干ばつ
 豪州は06年、降水量が1900年以降最少の地域も出る大干ばつに見舞われた。その結果、小麦の生産量は前年比57%減の不作となり、国際価格を引き上げた。
 地球温暖化は、干ばつ、洪水、海面上昇などを招き、食料生産にも大きな打撃を与える。収穫量が増える地域もあるが、農産物・水産物の適地が移動したり、農地の水没、病害虫の発生などの影響が懸念されている。(毎日新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000032-mai-bus_all


これは大問題だ。
バイオエタノールなどの代替燃料を作るため、
これまで食料だった、小麦やトウモロコシ、サトウキビなどが食料として日本に来なくなる。
サラダ油や、砂糖、小麦粉なんかはだんだん値上がりしていくらしい。
いいや、すべてを輸入に頼っている日本では、なにもかも値上がりしていくのかもしれない。
家計に直結している食費に影響が出ることは必須で、ますます暮らしも厳しくなるかも??

| エコ | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0)
バイオガソリン販売と、バイオエタノール
植物原料のバイオエタノールをガソリンと混合した「バイオガソリン」が26日朝、横浜市の新日本石油精製根岸製油所から初出荷された。
27日から首都圏50のガソリンスタンドで試験販売され、2010年度までには全国のガソリンスタンドで販売される計画だ。
 バイオガソリンは、バイオエタノールと石油ガスを合成した「ETBE」と呼ばれる液体燃料をガソリンに混ぜ、バイオエタノールの混合比率を3%としたもの。
 性能は一般のガソリンと変わらず価格もレギュラーガソリンと同水準になるという。一般の車でそのまま使用できる。
 二酸化炭素(CO2)を吸収する植物を原料としたバイオエタノールは、二酸化炭素の排出量がゼロと計算されるため、政府は2010年度までに原油換算で50万キロ・リットルのバイオ燃料を国内で使用する目標を掲げている。出荷式で石油連盟の渡文明会長(新日本石油会長)は「(バイオガソリン販売は)国民一人一人が地球環境貢献を意識できる画期的なプロジェクトだ」と意義を強調した。 (読売新聞より)

私の疑問
○バイオマスエタノール(バイオエタノール、Bioethanol)とは、??
産業資源としてのバイオマスの一つ。サトウキビや大麦、トウモロコシ、大豆などの植物資源からグルコースなどを発酵させて作られたエタノールのことである。天然ガスや石油などの化石燃料から分離生成されるエチレンを、触媒を介して直接水と反応させ作られた合成エタノールと区別するために呼ぶ。化学的組成や物性は両者とも全く同じである。
(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

○なぜ?植物を原料としたバイオエタノールが、二酸化炭素の排出量がゼロと計算されるのか??
燃焼により発生する二酸化炭素は、排出量としてカウントされない。植物の成長過程で、光合成により吸収した大気中の二酸化炭素の方が多いため、再び大気中に放出されても大気中の二酸化炭素の総量は循環して変化しないとの考えからである。この考え方をカーボンニュートラルという。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

このバイオマス、食品であるサトウキビや大麦、トウモロコシ、大豆がバイオエタノール用に大量に必要となりるため、これらの加工食品が値上がりしてるとのこと。先日テレビで見たが、ほとんどを輸入に依存している日本では、どちらにしても大変だ。
地球環境も大事だけれど、家族の食事代も主婦にとっては、財布に響くなあ〜〜。 



| エコ | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0)
ミクシィは、自然エネルギー?
ミクシィは4月24日、ミクシィが運営するSNS「mixi」とIT系求人情報サイト「Find Job!」の全サーバの電力を、5月1日から自然エネルギーでまかなうと発表した。
ミクシィは日本自然エネルギーと契約して「グリーン電力証書」を取得。
ミクシィのサーバの消費電力量と同じ年間205万キロワット時を、風力、水力、バイオマスで発電してもらう。年間800トンのCO2削減につながるという。

このミクシィの消費電力量の205万キロワットとは??年間800トンのCO2って??
一般主婦の数字の弱い私には全く見当がつかない。が、ここのところ地球の気候もかなり異常で、いろいろ災害も起きているのは確かである。これからの地球のことを考えて、どんどんこういうことに企業は取り組んでもらいたい。

| エコ | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0)
<
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS