ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
”白い恋人”の石屋製菓アイスに大腸菌群
菓子「白い恋人」などで知られる北海道の大手菓子メーカー「石屋製菓」(札幌市、石水勲社長)は14日、本社工場で製造したアイスクリーム類やバウムクーヘンから、体調によっては食中毒を誘発する恐れのある大腸菌群や黄色ブドウ球菌が検出されたことを発表した。

 一部の「白い恋人」で賞味期限を1か月長く改ざんして販売していたことも明らかにし、同社はこれらの商品の自主回収を始めた。

 自主回収するのは、「ミルキーロッキー」(3万3741本)などのアイスクリーム類24種類、バウムクーヘン(賞味期限9月14日までの177本)、「白い恋人」(28枚入り2缶入り、表示賞味期限8月31日および9月30日=4328セット)。 (8/15 読売新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070814-00000415-yom-soci


ここのところ、異常な暑さの日本列島。
少しでも涼しいとこへの憧れが沸き起こってくる今年の夏。
北海道なんかが思い浮かんでくるのだが、北海道も涼しくはなかったけ???
それでも、やっぱ北の国なら風が違う気がするのだが、気のせいかな・・・
この異常な暑さの夏に、憧れる北海道の定番のお土産に大腸菌群とは、
な〜んてこった・・・・って感じ。
なんだかなぁ〜〜、悲しくなるのは私だけかな?
賞味期限の改ざんなんぞも発覚して、
折角今まで築いたブランド名をもっと大事にして欲しいものだ!!
| 食品 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(2)
夕張メロンが2玉200万円?
あの有名な夕張メロンの初競いで、夕張メロンでは過去最高額夕張メロン2玉200万円で競り落とされたらしい。
夕張メロンの初競りは80万円でスタートしたが、
1分足らずで2玉200万円の夕張メロンとなった。
ご祝儀相場だということだが、1玉100万円の夕張メロンって想像がつかない。

一時ブームだったグルメという高価な食べ物は、
一般庶民以下の節約生活の身についた私などには、縁がない!!
2玉200万円の夕張メロンなんて、もし、もしも食べることが出来たとしても
値段ばっかり気になって、味なんてよくわからないだろう・・・

この2玉200万円の夕張メロン、一口はいったい、おいくら??
なんて頭で考えながらたべれば、頭は”美味しい”と判断するだろうが、
舌は機能麻痺で、なんにも感じないかも知れない。

しかし、その夕張メロン、本当に美味しいのかな??
食べられない夕張メロンへの、やっかみも入った素直な気持ち〜です。




あんまりこの夕張メロン高価なので、
食べても美味しくないんじゃあないかな??

夕張メロンでなくてもどんなものでも、
高いものはいいものって感覚があって、高いものならよくて当たり前、
安くてもほどほどだと見っけもん〜〜なんだけど。

特に食べ物なら、個人の嗜好が左右するからあたりはずれが激しく、
まあ無難なとこで、ほどほどのお値段のものしか頼まなかったりする。
だから、安物でも夕張メロンって、結構美味しいと思うけどなあ〜。

それに、私は田舎に住んでいるので、
畑から野菜の採れたてとか、港から魚の獲れたてとか、
美味しいものは、日ごろから食べているので、
(なんたって、取り立てが一番上等に美味しいのだ。
 さすがに夕張メロンはないけど)

だから、2玉200万円の夕張メロン、
200万円の美味しさって、感じられない気がする。

もし、200万円の価値ある美味しさの夕張メロン??
想像もできない・・・なあ〜。


| 食品 | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0)
ゴーヤーーカーテンで温暖化防止
滋賀県の草津市「小」エネルギー推進市民フォーラムが10日から、市民対象にゴーヤー(ニガウリ)の苗の配布を始め、市職員らは「ゴーヤーの葉で日差しを遮り、冷房電力を減らして」と呼びかけた。
(京都新聞より)


家庭の壁や窓際でゴーヤーを栽培して日陰をつくり、冷房電力の削減が狙い。
一般的にはすだれのような日除けよりもゴーヤカーテンのほうが涼しいらしい。
それは、すだれなどはそのもの自体が熱を持つけど、
ゴーヤのように緑の場合は、葉の気孔からの水分蒸発により葉の表面温度の上昇が抑えられるからとか。
それでいて、ゴーヤーは酸化炭素を吸収する。
市などの実験では、ゴーヤーのカーテンで、気温が周囲より2−3度下るなどの効果が出てるらしい。

夏に日よけ用に、朝顔なんかは植えたりするのだが、
そりゃあ〜どうせ植えるのなら、キレイな花より食べれるゴーヤーの方がいい。

考えてみたなら、ゴーヤーは沖縄の暑いところの植物。
暑さの心配も少なく、しかも今健康的にいいゴーヤーもどんどん採れるようになり、
それでいて、涼しさも感じられるのなら、ゴーヤーカーテンいいかも??

ゴーヤーは、今がちょうど植え時。
ゴーヤーは夏の植物だから成長も早く、ゴーヤーが大きくなってくとこも観察できる。
ゴーヤーに限らず植物が大きくなっていくのをみるのは、元気が出てくる。

そしてゴーヤーは、夏本番のころ収穫でき、ゴーヤーチャンプルなんぞが食卓にのぼるのだ!
そうそう、ゴーヤーは黄色くてかわいい花も咲く〜〜。

今年の夏は、どんな夏になるやら??
心配しつつ、ゴーヤーで窓辺にカーテンを作り、いつもより涼しくすごし、
かわいいゴーヤーの花を観賞しつつ、
ゴーヤーを食べて、夏バテに打ち勝とう!!


「ゴーヤカーテン」の植栽実験中
http://www.city.kusatsu.shiga.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=5476

| 食品 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0)
アイスクリームは太らない?
アイスクリームが太りにくいらしい。

先日5/9はアイスクリームの日だったらしい。
う〜〜、、、アイスクリーム食べなかったけど。

アイスクリームって、太りそうだけど、
ど〜も、太りにくいんだって〜。

アイスクリームが太りにくいんだったら、嬉しいな・・
太りそうだから、ちょっとアイスクリーム控えてる感があったけど、

アイスクリームって冷たいから、体が冷えるでしょ?
それで体温を取り戻そうとしてエネルギー消費が大きくなって
商品に表記されてるカロリーより小さくなるんですって。

アイスクリームって、脂肪分がエネルギーと消費しやすいらしいし、、
カルシウムや脂質・たんぱく質。ビタミン類もバランスよく摂ることが出来るみたい。
アイスクリームの季節、遠慮しなくてよいみたい・・

そういえばアイスクリームは、子供の高熱時なんかは必需品。
栄養補給に、口当たりもよいし、する〜っとはいるし、
よくアイスクリームのお世話なりました。

これから暑くなると、アイスクリームの季節、
もうアイスクリームを遠慮しなくてよいみたい・・

嬉しいな。
| 食品 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0)
讃岐うどんのゆで汁が、「環境」の壁
一大ブームとなった讃岐うどんに「環境問題」という逆風が吹いている。県内にうどん店が約1100店もある本場、香川県で、ゆで汁の大量排水が問題化。「名産品で環境汚染」という事態にもなりかねない状態だ。このため、イメージダウンを避けたい同県では独自の条例制定を検討。大学と連携した排水処理装置の研究・開発にも乗り出している。
同県のうどんの生産量は、昭和55年度は約1万7000トンだったが、「讃岐うどんブーム」にわいた平成15年度は約6万7000トンと4倍近くまで増加。17年度も約6万1600トンに上った。
しかし、ブームの副産物として「排水問題」が浮上した。うどんを直にゆでた汁は原料のでんぷんなどを多く含む。水質汚染を示す化学的酸素要求量(COD)では、うどん店の排水は平均で1リットルあたり1000ミリグラム。一般家庭の排水の約10倍の濃度で他の飲食店と比べても倍近くある。(産経新聞より)


香川県の人は、本当にうどんをよく食べる。毎日食べてる??
でも、しょうがない。讃岐うどんは美味しすぎるのだ。
なんで?讃岐うどんは、他のうどんと全然味が違うのだ。讃岐うどんの大ファンだ。
だから、我が家でも讃岐うどんはよく食べるので、ゆで汁の排水を考えなくてはと思う。
地球環境は、キッチンが大元なんだと私は考える。
子供をお持ちの主婦のみなさん、子供達の未来の地球のため出来ることからちょっとづつでも、みんなが頑張れば環境は変わって行きそうな気がする。

| 食品 | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0)
<
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS