ベランダで噂話

ちょっと気になるニュースをベランダ越し、咲く噂話。
<< ハッピーハッピーと三原じゅん子のテレビ対決 | main | 美恵子さん離婚は、不倫? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
テープ文字「修悦体」
粘着テープで作った風変わりな文字が、インターネット上などで話題となっている。JR山手線日暮里駅の工事現場の警備員、佐藤修悦さん(53)が案内表示で編み出した「修悦(しゅうえつ)体」という呼び名の文字だ。直線と丸みが組み合わさった独特の文字は熱烈なファンを呼び、DVDのジャケットにも登場した。21日には、東京・お台場で佐藤さんが“技”を披露するイベントも開かれるほどで、ブームに火が付きつつある。(村上智博)

 佐藤さんが働く日暮里駅(東京都荒川区)。京成線とJRをつなぐ乗り換え通路をはじめ、赤、青色などのテープで書かれた独特の文字の案内表示があちこちにある。はっきりした文字で、読みやすい。修悦体だ。近くに寄ると、テープで書かれていることに気付く。
 きっかけは、JR新宿駅の工事現場での警備の仕事。次から次へとホームやトイレへの道順を聞かれ、案内するのに疲れ果てた末、「分かりやすい案内を作ろう」と思い立った。
 佐藤さんの元来の字は、角張ったゴシック体。高校時代に字が下手で、必死でまねて身につけた。その字を元につくり出した修悦体は、きっちりとしていながら、文字の角を切り取って丸みを出した。見やすいように、バランスも考えた。
 エスカレーターを上り切った場所など客が迷いそうな場所に案内表示を出していくと、道を聞かれる回数が減っただけでなく、独特の字体が話題になった。
 佐藤さんは3年前に新宿駅から日暮里駅に移ったが、文字に触発され、JR中央本線の武蔵小金井駅には、駅員が修悦体のように描いたテープ文字がお目見えした。
 お笑い芸人の村越周司さん(35)出演のDVD「もうギャグしかない」のタイトルも、修悦体。来年秋、完成予定の東映映画「まぼろしの邪馬台国」のポスターなどに使われる文字の候補にも上がっている。
 21日のイベントで、大型のベニヤ板にテープで竜の絵を描くのに挑戦するという。
 人気に対し、佐藤さんは「通りすがりの人から『次はどんな文字ができるの? 頑張ってね』と声をかけられるのが、最高の喜び。これからも手間をかけ、味わいがある文字を作り続けたい」と謙虚に意気込みを語る。

 ■修悦体の文字ができるまで(「現在地」を例に。上から)
 (1)粘着テープで四角の枠組みを作る。
 (2)定規を使わずに横の線を入れる。
 (3)文字をイメージしながら必要な縦の線を入れる。
 (4)テープをカッターなどで切って不要な部分を取り除く。次第に文字が見えてきた。
 (5)角を丸くカットして完成。
(10/20 産経新聞より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000907-san-soci


”修悦体”???
なんじゃ〜??そりゃ〜??って。
でも、これってかなりいいよね。
ガムテープで書いた案内板。
ほんと読みやすくて、温かみのある文字だよね。
修悦体・・・・警備員さんという仕事に優しさが加わってる感じ。
世の中、最近嫌な事件事故ばっかだけど、
ちゃんと人間は暖かく生きてるって感じられる。
だからきっと、静かにブームになってるんだろうな・・・・
私も字はへたっぴい〜〜(私の文字は、きたないより読めない文字なのだな・)だから、
とっても興味津々なのだ。
こういうガムテープの文字、修悦体。
暖かいもの、人間っていいな〜を感じられる話題がもっと増えるといいな・・・
| びっくり | 20:09 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 20:09 | - | -
<
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/05/03 9:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beranda-uwasa.jugem.jp/trackback/146
トラックバック
SELECTED ENTRIES
google
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS